たくさんの実績がある草刈り業者|24時間365日いつでも対応

伸びる前に手入れする

芝生

芝刈りを定期的に行なうことは大事なことです。良い環境だと芝の成長速度も早く、梅雨明けの夏の時期になるとより成長の速度は早いので、最低でも2週間に一度は手入れをしないと、綺麗な景観を保つことができないでしょう。芝が伸び過ぎていると、雑草との区別もつかない状態になります。ですから芝が伸びたら手入れをするのではなく、伸びる前に芝刈りをすることで美しい芝を保つことができるでしょう。

芝は定期的に手入れをすることが大事で、伸びる前に手入れをすることが鉄則です。しかし、おおまかな目安があります。先ほどもいいましたが、夏の時期は2週間に一度は手入れをすべきです。梅雨で沢山の水分を吸収して、夏の太陽を浴びることで、成長の速度が早くなるからです。そして、冬も手入れをしなくてはいけません。寒い冬を越すために、沢山の栄養素を蓄えている状態なので、この時期に芝刈りをすることでダメージを与えることができます。そのため、翌年の芝刈りが楽になります。ですから冬も最低1ヶ月に一度は手入れをするように心がけましょう。

定期的に芝刈りをすることで、庭の景観を美しくするだけでなく、雑草の侵入を防ぐことができるのです。こまめに芝を刈って綺麗な庭にしましょう。最近では電動の芝刈り機も販売しています。手作業で全ての芝を綺麗にするのは大変な作業なので、機械を購入しましょう。オススメは電動タイプで、広い面積も短時間で綺麗に手入れすることができます。